事業者ローン:即日融資可能なビジネスローンはコチラ

事業拡大や決算時のとき、お急ぎの資金繰りに便利なビジネスローンをお探しならこちらへ!

 

運転資金・つなぎ資金・「いざ!」というときのために

即日融資可能なビジネスローンはコチラ

売上が入金されるまでの運転資金や、銀行からの融資までのつなぎ資金の確保など、資金繰りの悩みはつきません。

 

ビジネスローンの多くはご利用可能枠の範囲内であれば、お借入れ・ご返済は自由、必要な時に必要な額を調達でき、突然の資金需要にもスピーディに対応します。

 

資金に余裕がある時は、いつでも一括・増額返済が可能です。

 

資金繰りに合わせて無理のない返済プランが立てられるところがビジネスローンの魅力です。
ビジネスローンとは

 

返済プランの自由度が魅力

法人・個人を問わずに自営サービスの方に限度額の範囲内で繰り返し利用できるプランや、計画的に返済するプランもあり、多くの経営者の方に安心と実績をお届けしています。
事業資金が安定することで経営者の方も安心して事業に専念できることでしょう。
 

即日融資可能なビジネスローンはこちら

急ぎのビジネスローンならならオリックスVIPローンカード BUSINESS オリックスVIPローンカード BUSINESS

急ぎの事業資金ならならオリックスVIPローンカード BUSINESS

実質年率: 6.0〜17.8%
利用限度額: 50万円〜500万円
融資: 平日14:30までに契約完了で当日融資可能!
特徴: 69歳までOK!無担保・保証人不要!経営者・個人事業主専用カードローン

(1)個人事業主なら総量規制対象外

・つまり年収(事業所得)の「3分の1」を超える借入れが可能です。
・申し込みできる方は、事業歴1年以上の個人事業主、または法人格を有する事業の代表者です。

(2)さまざまな資金ニーズに対応可能

・売上が入金されるまでの運転資金
・予定外の急な事業資金
・銀行からの融資までのつなぎ資金
・資金繰りに困っている
こういった資金ニーズの困りごとに対応しているのです。

(3)コンビニ・ATMから借入れ・返済ができる

・CD・ATMの数は業界トップクラスの約173,000台。
・セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニ。
・三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの都市銀行からゆうちょ銀行、全国の信用金庫のATMで利用できます。

(4)選べる返済方法

・1回払は28日〜61日の利用日数(利用日によって異なります)
・リボルビング払いは最長10年2ヶ月122回まで可能
(例として500万円を年利14.9%で借りた場合、毎月の返済額は8万円)
・利用可能枠の範囲内で、何度でも借入れ・返済が自由です。
なんといってもしかも年会費無料!無担保・保証人不要!
契約枠は500万円・400万円・300万円・200万円・100万円・50万円の6コース。
50万円以上のまとまった資金が必要で、急いでいる人には特にオススメです。

 

ビジネスローンのオリックスカードローン

オリックスVIPローンカード BUSINESSの公式サイトはコチラ

資金繰りはJTCのファクタリング JTCのファクタリング

資金繰りはJTCのファクタリング

実質年率: 手数料が必要
利用限度額: 100万円〜1億円
融資: 売掛金の買取なので決算書不要です。
特徴: 取引は法人限定土日でも電話で受付!ファクタリングとは?

即日で大型の資金調達が可能

ファクタリングは、納品が完了し請求書も発行した売上を早期に資金化できるサービスです。

(1)好条件で買取

・JTCのファクタリングは買取率が業界トップクラスの好条件です。
・ファクタリングが始めての企業経営者にも丁寧に説明します。

(2)最短即日

・審査がスピーディーで資金調達までが早い!
・土日にも対応しています。
・土日に審査・書類のやり取り・電話相談OKです。

(3)取引先に知られない

・取引先に知らせずに利用可能です。
・JTCから取引先に連絡することはありません。

(4)資金繰りの悩みを売掛金のファクタリングで解消

・資金回収までキャッシュフローが心配・・・。
・借入れ以外の資金調達方法はないのか・・・。
・売掛金の支払いサイクルが長い・・・。
・新規事業のために大型の資金が必要・・・。

(5)大型の資金が即日調達可能

1000万円以上のまとまった資金が必要で、急いでいる人には特にオススメです。
急ぎで1000万円以上の事業資金調達するならファクタリングです!

 

JTCのファクタリングで資金調達

JTCのファクタリングはコチラ

即日審査可能な事業者ローンはこちら

ビジネスパートナーの即日ビジネスローン ビジネスパートナー

ビジネスパートナー即日ビジネスローン

実質年率: 9.98%〜18.0%(最大45日間無利息)
利用限度額: 50万円〜500万円
融資: 保証人・担保・手数料は原則不要。法人の場合は代表者の連帯保証で保証人不要!
特徴: 69歳までOK!法人または個人事業主の事業者向けビジネスローンです。

【ビジネスパートナーは総量規制対象外】
事業拡大・決算時などの資金やお急ぎの資金繰りにお答えします!

(1)スピード審査

・最短即日で審査結果、審査に通った翌日には融資可能です。
・審査書類がそろえば最短1日で審査完了。
・契約締結後は、いつでも電話かFAXで融資可能です。
・申し込みから契約まで来店不要。
・全ての手続が郵送で完了します。

(2)最大45日間無利息

・新規の利用の場合、最大45日間無利息です。
・無利息期間中の追加で借入れても無利息の対象です。
・返済約定日は毎月15日または月末から選べます。
・1月1日に借入れた場合、初回支払期日の2月15日まで金利は0円です。

(3)保証人不要

・個人事業主なら原則保証人不要です。
・法人でも代表者の連帯保証で原則保証人不要です。
・原則として、2期以上の経営実績がある事業主・個人事業主が申し込み対象になります。

(4)事業計画で評価

こんな不安はありませんか?
・銀行の融資審査に落ちた・・・。
・税金の未納がある・・・。
このような事業主様でも今後の事業計画で評価します。

 

ビジネスパートナー即日ビジネスローン

ビジネスパートナーの公式サイトはコチラ

ビジネクストの即日ビジネスローンビジネクスト

ビジネスローン即日ビジネクスト

実質年率: 8.0〜15.0%

利用限度額: 最大1,000万円
融資: 無担保・保証人不要!使途自由!
特徴:申し込みから融資まで 郵送契約で来店不要!

【ビジネクストは総量規制対象外】

ビジネクストは40,000名の経営者が利用の安心実績!
法人・個人問わず自営サービスの方にオススメ!
借り入れは銀行振込・提携ATMから自由に選べる!
返済は銀行振込・ゼブン銀行などの提携ATMなどから!

(1)年会費・保証料無料

・年会費や保証料などは必要ありません。

(2)保証人・担保不要

・個人事業主なら原則保証人不要です。
・法人なら代表者の連帯保証でOK。原則保証人不要です。

(3)融資枠が大きい

・無担保・保証人なしで最大1,000万の融資は他社にはありません。
・新規取引時は上限は500万円です。
・ご利用実績に応じて融資枠は1,000万円まで増えます。

(4)使用目的は自由

・事業資金の範囲内で使い道は限定されません。
・未納の税金の支払いなど使い道自由!

(5)ビジネクストは総量規制の例外

・個人の申し込みは、直近の確定申告の提出が必要です。
・個人の申し込みは、今後の事業計画、収支計画および資金計画の提出が必要です。
・法人名義での申し込みは、総量規制の適用を受けません。
(5)必要書類
・法人の代表者は、代表者ご本人様を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分などです。
・個人事業主は、ご本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分などです。

 

ビジネスローン即日ビジネクスト

ビジネクストの公式サイトはコチラ

個人事業主・法人経営者の土日祝祭日の資金調達はコチラ

ビジネスローンで申し込み、仮審査通過したら本審査を受けることになります。
順調に審査に通過すれば即日で事業資金の借入れが可能です。

 

でもこれは平日の話です。
土日だと審査や書類のやり取りは出来ても振込は銀行が開いている翌営業日になります。

 

通常の事業資金であれば平日の決済になるでしょうから、これでもギリギリ間に合うでしょう。

 

でも土日祝祭日にどうしても現金が必要な場合はリスクマネジメントとして事前にビジネスローンの契約を完了させてキャッシングカードを手にしておくことも重要だと思います。
リスクマネジメントとして入会金・年会費無料のビジネスローンに申し込みを済ませておくというわけです。

 

借入れ・返済の実績を作っておくという考え方も重要だと思います。

 

それでもどうしても現金が土日に必要な場合はコチラ

 

事業実績が1年未満でビジネスローンの申し込みが難しい・・・。
でも売掛金の支払いが遅くて資金繰りが厳しい・・・。

 

このような事業主の方はコチラ

事業の資金繰り

事業の資金繰り

事業経営者にとって資金繰りは重要な問題です。

運転資金や事業拡大のために急に資金が必要になっても十分な資金が手元に用意できるところは少ないのではないでしょうか。

 

しっかりした事業計画に基づいた計画的な資金であれば、公的融資や銀行からの融資を受けることを最初に考えるべきでしょう。
低い金利のことを考えただけでも公的融資や銀行の融資が有利であることは間違いありません。

 

銀行や公的融資は時間がかかる

しかし、公的融資の手続きには時間がかかりますし、銀行の融資は審査の手続きが煩雑だという現実的な問題があります。
急ぎで事業資金を用意したいときには向きません。

 

急ぎの事業資金を用意したいときにはビジネスローンを上手に利用することを考えることをおすすめします。
審査から融資までが早いというところがビジネスローンの一番の利点です。
また、マイカーの自動車や住宅などの担保は必要ありません。無担保・保証人無しで借入れができるところも魅力です。

 

法人カードのキャッシングを利用するという選択肢

資金繰りの悩みを改善する一つの方法として、返済サイクルの長い法人カードで決済するという方法もあります。
原則として現金決済だけしか認めていない取引先も多いと思いますから、誰にもおすすめ出来るという方法ではありません。

 

しかし、法人カードの中にはキャッシング機能がついているカードもあるのです。
また、リボルビング払いが出来る法人カードだと、支払いが滞りそうなときはリボ払いに変更することで資金繰りを改善することも可能です。

 

また、日々の経費処理を効率化するというメリットもあるのでキャッシング機能付きの法人カードも検討してみることをおすすめします。

 

金利がデメリット

金利がデメリット

その一方で、金利が高いというデメリットもあります。

これは、担保不要・保証人不要の理由が保証会社の保証をもらっているためです。
保証料が融資利率に含まれているから金利が高い、と考えるとわかりやすいです。

 

でも、計画的な借入れにして、返済期間を長くすることでこのデメリットを、キャッシュフローの改善・安定化というようにすることも可能なのです。

 

また、法人・個人事業主向けのビジネスローンは総量規制対象外となっているところが多いです。
確定申告書や事業計画書を提出し、事業資金としての利用が目的であることが確かであれば、総量規制の例外規定に該当するのです。

 

銀行からの事業資金の借入れは確かに金利が魅力です。
でも収支決算書や課税申告書、確定申告書などの事業内容から審査が行われます。
しかも、煩雑な要求をしてきたあげく「本社の決済がおりませんでした」のひと言で片付けられてしまう可能性も高いのです。

 

これに対して、ビジネスローンの中には、金額によっては決算書不要で借りられるところもあるのです。

 

総量規制対象外

総量規制対象外

総量規制対象外だと、売り上げの3分の1までといった制限がありません。

また、税金の滞納などがあってもしっかりした事業計画書のがあれば融資の審査で有利になることもあるのです。

 

開業資金を借りるときに、公庫や商工会議所の制度や共同組合からの借入金制度から借金する方法もあるでしょう。
でも設定基準が大口向けだったり、特約があったりで緊急で短期の借入には向かないです。

 

事業の拡大や決算時にお急ぎの資金繰りなど、事業資金の借り入れは事サービス専用ローンビジネクストの「各種ローン」をご利用ください。
ビジネクストの「各種ローン」は、事業拡大・資金調達・つなぎ資金などに無担保・無保証で自由に借り入れできる個人事業主や中小企業をサポートするためのローンです。
上限額が1000万円なので、緊急の貸付を借り換えてまとめるのにもグッドですね。
シュミレーションを上手に使うことでつなぎ融資の借り換えの試算のマネーアドバイザーとしての役割も期待できます。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは

「ビジネスローン」とは、事業資金の資金調達方法のひとつで、(1)無担保(2)第三者連帯保証不要(3)融資までの決済が早いという3つの特徴をもっています。

事業資金の調達方法としては、公的資金や銀行からの融資がまず考えられますが、これらの融資は中小企業や個人事業主の資金調達方法としては向いていないところがあります。
例えば決済まで日数がかかる、必要書類が多いといったところです。
こういった不便さを補い、より利便性を高めたスピード重視の中小の事業者向け、スモールビジネス向けのローンだと考えることができます。

 

ビジネスローン即日 

 

ビジネスローン即日

ビジネスローン即日

【43歳・男性・個人事業主・製造業・東京都内在住】

 

私がビジネスローンを使用したきっかけは、手形取引が原因で、資金の回転が悪化したことでした。

 

起業してから5年になりますが、営業力にも自信がありましたし、設備投資が必要な時も審査が通らないということはないだろうとたかをくくっていたのです。

 

そのため株式会社にもしていませんでした。

 

しかし、新たな取引先との仕事で、手形取引をもちかけられたのが始まりです。

 

この手形取引が原因でさまざまな費用が足りない状態がつづきました。

 

はじめは東京スター銀行の小口・多目的ローンなどでしのいでいたのですが金額が足りず、ビジネスローンの利用を決意したという流れになります。

 

最初は農協なんかを検討したのですが、審査が厳しめという噂があったり、審査に時間がかかると聞いたので、他のローンも探してみることにしたのです。

 

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリットはやはり融資までの早さでしょう。

 

また、融資される金額が大きいこともメリットです。

 

必要な書類を用意して、条件さえあえば粛々と融資手続きを進めてくれるのです。

 

優良な運営会社であれば特に問題なく素早い融資をしてくれます。

 

ただし、ビジネスローンも個人向け融資と同様に多数の会社がありますので、一括比較サイトなどを使用して情報収集に努めました。

 

「ローンハウス」や「イー・ローン」などがすぐにネットで見つかりますし、「FRS」という資金調達をサポートするコンサル会社も検討しました。

 

その他、関西を拠点とした「アップス」や、福岡を拠点にした「しんわ」なんかも目につきましたね。

 

ただ、これらは地域が異なるので見送りましたが……。
やはり全国展開していて安心感の高い事業者ローンを手がけているところが安心できます。

 

また、銀行などでは短期のプライムローンなども用意されています。

 

これらはリコースローンやノンリコースローンのように担保が必要なものではなく、無担保で借りられるものが多いことも驚きましたね。

 

ビジネスローンのうわさとしてよく話にきいていた、直接携帯に営業をかけてくるようなローン会社ではなかったです。

 

意外とあんしんして借りられるものなんだなとほっとした覚えがあります。

 

さらに、無担保での融資が通らなかったとしても、不動産を担保にすることで融資をしてくれるというビジネスローンもありました。

 

このあたりは、ローンハウスやイー・ローンなどを使用して、かなり比較しましたね。

 

不動産を担保に融資してくれるビジネスローンとしては、セゾンや大垣共立銀行の「キラット」あたりが候補になってくるのかなと思います。

 

大垣共立銀行なんかは、女性行員でアイドルユニットみたいなものもやっていましたし、イメージは良かったです。

 

またたいていのビジネスローンの返済は、一括払いとリボ払いが選択できます。
リボルビング払いの中には最長10年2ヶ月というオリックスのビジネスローンもあります。

 

例えばスタートアップとして、500万円を年利14.9%で借りたとすると、毎月の返済額は8万円になります。
利子の総額は高くついてしまいますが、返済額の8万円を事業資金として組み入れて計画的に借りるといったことも出来ると思います。

 

公的資金や銀行からの融資を受けにくいスモールビジネスのスタートアップにはビジネスローンという選択肢も「有り」だと思います。

 

専用のコールセンターなんかも設けられているんです。

 

海外でビジネスをしている経営者だと難しいかもしれませんが、資金繰りが苦しいときには、たいていの自営業者なら利用してみる価値があると思います。

 

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリット

デメリットとしてはやはり金利が高いことです。

 

なんといっても無担保ですから金利が少し高いのは保障料と考えたほうがいいですね。

 

もっとも不動産を担保に入れるなら話しは全く違ってくると思います。

 

でも不動産担保では注意があります。

 

それは、自宅を事業所と同一にしているケースです。

 

住宅ローン控除による減税効果を期待できるのですが、万が一返済ができなくなるとやっかいなことになります。

 

たとえば、うちのように親子2世代で済んでいる場合、両親にも迷惑がかかってしまうからです。

 

政府が提供している「日本政策金融公庫」のようなビジネス向けのローンもありますが、審査に時間がかかります。

 

条件が色々あるので審査が厳しくて使いにくいということがデメリットだと思います。

 

中小企業や小規模事業者の方向けの融資制度もあります。。
「急ぎで即日の事業資金を調達が必要」というわけではなくて、計画的な借入れを検討しているひとにはおすすめです。

 

自分の事業にあった融資制度を検索することができるので試しに探してみるのもいいでしょう。

 

東京都内であればビジネスローンの業者も多いのですが、地方にいくと選択肢が少なくなりますからね。

 

また、最近ではマネーロンダリングの温床にならないよう、厳しいチェックもあるようです。

 

さらに米国でおきたサブプライムローン問題のように、将来的には信用力の低い層に対する貸し付けに慎重になることも考えられるため、計画的な借り入れと返済で信用を積んでいく必要があるでしょうね。

 

まとめ

@ビジネスローンは審査から融資までが早い。
A無担保・保証人無しというビジネスローンもある。
B金利が高いので計画的な利用が必要。
C来店しなくても審査から融資までの手続きが可能。

 

ビジネスローン即日