事業者ローン:即日融資可能なビジネスローンはコチラ

事業拡大や決算時のとき、お急ぎの資金繰りに便利なビジネスローンをお探しならこちらへ!

 

運転資金・つなぎ資金・「いざ!」というときのために

即日融資可能なビジネスローンはコチラ

売上が入金されるまでの運転資金や、銀行からの融資までのつなぎ資金の確保など、資金繰りの悩みはつきません。

ビジネスローンの多くはご利用可能枠の範囲内であれば、お借入れ・ご返済は自由、必要な時に必要な額を調達でき、突然の資金需要にもスピーディに対応します。
資金に余裕がある時は、いつでも一括・増額返済が可能です。
資金繰りに合わせて無理のない返済プランが立てられるところがビジネスローンの魅力です。

ビジネスローンとは

 

返済プランの自由度が魅力

法人・個人を問わずに自営サービスの方に限度額の範囲内で繰り返し利用できるプランや、計画的に返済するプランもあり、多くの経営者の方に安心と実績をお届けしています。
事業資金が安定することで経営者の方も安心して事業に専念できることでしょう。
 

即日融資可能なビジネスローンはこちら

急ぎのビジネスローンならならオリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」 オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」

急ぎの事業資金ならならオリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」

実質年率: 6.0〜17.8%
利用限度額: 50万円〜500万円
融資: 平日14:30までに契約完了で当日融資可能!土日の事業資金調達はコチラ
特徴: 69歳までOK!経営者・個人事業主専用カードローン

【個人事業主なら総量規制対象外】

パソコンやスマートフォンから24時間いつでもどこも手数料0円!
ご登録の口座へ即時にお振り込み致します。
また、インターネット返済が可能な金融機関からいつでもご返済いただけます。
50万円以上のまとまった資金が必要で、急いでいる人には特にオススメです。


ビジネスローンのオリックスカードローン

オリックスクラブカードの公式サイトはコチラ

即日審査可能な事業者ローンはこちら

ビジネスパートナーの即日ビジネスローン ビジネスパートナー

ビジネスパートナー即日ビジネスローン

実質年率: 9.98%〜18.0%
利用限度額: 50万円〜500万円
融資: 保証人・担保・手数料は原則不要!但し、法人の場合は代表者の連帯保証が必要!
特徴: 法人または個人事業主の方を対象とした事業者向けビジネスローンです。

【ビジネスパートナーは総量規制対象外】
事業拡大・決算時などの資金やお急ぎの資金繰りにお答えします!
法人・個人事業主の方にオススメ!
審査書類がそろっていれば最短1日で審査結果をお知らせ!
スピーディーな審査で翌日には審査が完了!
税金の未納・他金融機関で断られただけでは、審査結果は決まりません。
今後の事業計画の評価などで審査されます。

 

ビジネスパートナー即日ビジネスローン

ビジネスパートナーの公式サイトはコチラ

ビジネクストの即日ビジネスローンビジネクスト

ビジネスローン即日ビジネクスト

実質年率: 8.0〜15.0%

利用限度額: 最大1,000万円
融資: 無担保・無保証!使途自由!
特徴: 郵送契約で来店不要!

【ビジネクストは総量規制対象外】

ビジネクストは40,000名の経営者が利用の安心実績!
法人・個人問わず自営サービスの方にオススメ!
借り入れは銀行振込・提携ATMから自由に選べる!
返済は銀行振込・ゼブン銀行などの提携ATMなどから!

 

ビジネスローン即日ビジネクスト

ビジネクストの公式サイトはコチラ

個人事業主・法人経営者の土日祝祭日の資金調達はコチラ

アコムの即日キャッシング アコム

実質年率: 3.0〜18.0%
利用限度額: 1万円〜800万円
融資: 土日もネットで契約まで可能!
特徴: はじめての方なら最大30日間金利0円!

最短30分で審査回答!さらに最短1時間振込みも可能!
いつでも返せて、利息は利用した日数分だけ!
ネットで24時間お申込みOK。
むじんくん(自動契約機)に行けば22:00までその場でカード発行!即借りられる!
楽天銀行に口座を持っている人に特にオススメで、24時間365日振込みが反映されます。

 

アコムの即日キャッシング

アコムの公式サイトはコチラ

プロミス即日キャッシング プロミス
プロミス即日キャッシング

実質年率:4.5〜17.8%
利用限度額:限度額500万円
融資:22時までに契約完了で最短1時間借入可能!個人事業主の方であれば融資可能!
特徴:三井住友銀行かジャパンネット銀行を使っている人にオススメ!平日土日祝日でも24時間振込可能な瞬フリ!来店不要!

メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!
スマホからWEB契約可能!必要書類の提出もメールでOK!来店不要!
<土日14時過ぎでもその日に借りれる>
    急ぎの借り入れは店舗数の多いプロミスがオススメです!ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機に行って、22時までに契約完了すればその場で借りられます。WEB契約なら最短1時間融資も可能!
<平日に即日借りたい場合>
     土日と同じく、22時までに契約完了すれば、平日でもそのまま借り入れ可能です!
※自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません!
<自動契約機とは?>
    自動契約機とは、プロミスの店舗や三井住友銀行のATMの隣にある小さなボックススペースのことです。22時(一部21時)まで利用可能!

 

プロミスの即日融資

プロミスの公式サイトはコチラ

モビットの即日ビジネスローンモビット

ビジネスローン即日モビット

実質年率: 3.0〜18.0%
利用限度額: 限度額800万円
融資: 24時間365日OK!
特徴: 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座があれば申込から利用までネットのみ!電話・郵送なし!資金の使い道自由!

電話連絡なし・郵送物なし!
WEB完結申し込みなら、ご利用開始までがスピーディー!
ネットで24時間お申込みOK。
振込みキャッシングの審査お手続き後、お客様の銀行口座へお振込み!
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

ビジネスローン即日モビット

モビットの公式サイトはコチラ

事業の資金繰り

事業の資金繰り

事業経営者にとって資金繰りは重要な問題です。

運転資金や事業拡大のために急に資金が必要になっても十分な資金が手元に用意できるところは少ないのではないでしょうか。

 

しっかりした事業計画に基づいた計画的な資金であれば、公的融資や銀行からの融資を受けることを最初に考えるべきでしょう。
金利のことを考えただけでも公的融資や銀行の融資が有利であることは間違いありません。

 

銀行や公的融資は時間がかかる

しかし、公的融資の手続きには時間がかかりますし、銀行の融資は審査の手続きが煩雑だという現実的な問題があります。
急ぎで事業資金を用意したいときには向きません。

 

急ぎの事業資金を用意したいときにはビジネスローンを上手に利用することを考えることをおすすめします。
審査から融資までが早いというところがビジネスローンの一番の利点です。
また、無担保・保証人無しで借入れができるところも魅力です。

 

金利がデメリット

金利がデメリット

その一方で、金利が高いというデメリットもあります。

これは、担保不要・保証人不要の理由が保証会社の保証をもらっているためです。
保証料が融資利率に含まれているから金利が高い、と考えるとわかりやすいです。

 

でも、計画的な借入れにして、返済期間を長くすることでこのデメリットを、キャッシュフローの改善・安定化というようにすることも可能なのです。

 

また、法人・個人事業主向けのビジネスローンは総量規制対象外となっているところが多いです。
確定申告書や事業計画書を提出し、事業資金としての利用が目的であることが確かであれば、総量規制の例外規定に該当するのです。

 

銀行からの事業資金の借入れは確かに金利が魅力です。
でも収支決算書や課税申告書、確定申告書などの事業内容から審査が行われます。
しかも、煩雑な要求をしてきたあげく「本社の決済がおりませんでした」のひと言で片付けられてしまう可能性も高いのです。

 

これに対して、ビジネスローンの中には、金額によっては決算書不要で借りられるところもあるのです。

 

総量規制対象外

総量規制対象外

総量規制対象外だと、売り上げの3分の1までといった制限がありません。

また、税金の滞納などがあってもしっかりした事業計画書のがあれば融資の審査で有利になることもあるのです。

 

事業の拡大や決算時にお急ぎの資金繰りなど、事業資金の借り入れは事サービス専用ローンビジネクストの「各種ローン」をご利用ください。
ビジネクストの「各種ローン」は、事業拡大・資金調達・つなぎ資金などに無担保・無保証で自由に借り入れできる個人事業主や中小企業をサポートするためのローンです。

 

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは

「ビジネスローン」とは、事業資金の資金調達方法のひとつで、(1)無担保(2)第三者連帯保証不要(3)融資までの決済が早いという3つの特徴をもっています。

事業資金の調達方法としては、公的資金や銀行からの融資がまず考えられますが、これらの融資は中小企業や個人事業主の資金調達方法としては向いていないところがあります。
例えば決済まで日数がかかる、必要書類が多いといったところです。
こういった不便さを補い、より利便性を高めた中小の事業者向けのローンだと考えることができます。

 

ビジネスローン即日 

 

ビジネスローン即日

ビジネスローン即日

即日キャッシングは事前審査でOKが出たら、希望の金額を当日中に調達できるキャッシングなんです。お金が底をつく最悪の事態っていうのは予期せずやってくるので、行き詰ってしまったら即日キャッシングによる融資は頼れる助け舟のようだと感じる方が多いのではないでしょうか。

利用者急増中のカードローンを連続して使ってしまっていると、まるで自分の口座からお金を引き出しているような誤った意識に陥ってしまう方もいます。こうなってしまうと手遅れで、知らない間にカードローンが利用できる限度額まで達することになります。

よほどのことがない限りキャッシングを利用する場合は、申し込みの審査結果が出るのが相当に速いため、申込んだ人の口座に振り込みが行うことができる時間までに所定の契約に必要な申し込み事務作業が未完になっていなければ、とても便利な即日キャッシングによって口座振り込みしてもらうことが可能というわけです。

かなり昔でしたら新たにキャッシングを申し込んだ際の審査が最近とは比較にならないほど生易しかった時代が確かにあったようです。でも現在は甘いということは全くなくなり事前に行われる審査の際には全ての人に基準どおりの信用調査がかなり詳細にされているのです。

口座にお金がない!という状態ならば、簡単な話ですが、迅速な即日キャッシングを使ってお金を準備するのが最良の方法です。必要な資金を当日中に入金してもらわないと困るという事情がある場合はとても頼りになる融資商品として注目されています。


 

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリット

カードローンを取り扱っている会社のやり方によっていくらか相違はあるにしろ、カードローンの会社の責任で慎重に審査項目どおりに、融資を希望している人に本当に即日融資がいいのか悪いのかを慎重に確認しているのです。

最近よく見かける魅力的な即日キャッシングの内容は理解できている人は珍しくないのですが、利用申し込みするときの必要書類や手順など、いかにしてキャッシングが決まるのか、しっかりと把握しているという人はそんなにはいないのではないのでしょうか?

スピーディーな即日融資を希望している人は、ご家庭で利用中のパソコンであるとかスマートフォンやケータイが簡単なんです。カードローンの会社のサイトから新規申し込みを行うのです。

融資のための審査は、キャッシング会社の多くが情報の確保のために参加している信用情報機関に蓄積されているデータで、キャッシング申し込みを行った人のこれまでの実績や評価を確認しています。希望者がキャッシングでローンを組むのなら、事前の審査をパスする必要があります。

何年も前でも過去に期日までの返済をしなかったなどのトラブルを発生させたという記録が今でも残されていると新規申込でキャッシング審査を受けていただいても通過することは不可能です。従って、キャッシングしてもらうには今までも含めて実績が優秀でないと認められないのです。


 

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリット

審査の際は融資を申し込んだ人が自社以外のキャッシング会社から借入の総額で、本人の年収の3分の1以上の状態になっていないか?そのうえで自社以外の他の会社に申し込んでキャッシングのための審査をして、通過できなかった人ではないか?といった点に特に注目してマニュアルに沿って確認しているのです。

もしもせっかく提出していただいたキャッシングカード新規発行の申込書記入内容に不備とか誤記入などが見つかると、ほとんど再提出をお願いするか、訂正するには訂正印が必要となるため、もう一度出しなおすように返されてきてしまいます。自署に限られる書類はやり過ぎなくらい慎重に取り扱ってください。

キャッシングの申し込みをすると、勤め先にサービスから電話が来るのは阻止できないのです。あの行為は事前審査の一環で在籍確認といって、申込書に書記載の勤務先に現実に勤め続けているかどうかチェックする必要があるのであなたが働いている現場に電話をかけて確認しているのです。

それぞれのキャッシング会社の認めるかどうか審査するときの基準というのはやはりキャッシング会社が異なれば厳格さが異なっています。いわゆる銀行関連は壁が高く、クレジットカード会社などの信販系、そしてデパートなど流通関連、消費者金融会社の並びで通過しやすいものになっているのです。

キャッシングとローンはどこが違うのかなんてことは、大したことじゃないので考えなきゃいけないなんてことはありません。しかしお金の借り入れをする手続きに当たっては完済までの返済についてだけは勘違いや計算違いなどがないかも含めてしっかりと確認したうえで借り入れの契約をすることが大切です。


まとめ

@ビジネスローンは審査から融資までが早い。
A無担保・保証人無しというビジネスローンもある。
B金利が高いので計画的な利用が必要。
C来店しなくても審査から融資までの手続きが可能。

 

ビジネスローン即日